Mのあしあと🐾 乳がんだけど、元気です。

再発乳がん只今元気に治療中。何気ない日常、笑ったことや泣いたこと、治療経過をつらつらと……。

ただ今、充電中

今日はお仕事でちょっと失敗しました😓


お客様担当から外れて、カンが鈍っていたのもあります。


相手のイライラに焦ってしまい、自分のペースで話ができなかったせいもあります。


でも1番は、上司に病気のことを話してから、仕事に対する甘えがあったことです。


ほら、私頑張ってるでしょ?

頑張ってる私ってカッコいい。


もう最悪です。超カッコ悪い私 T^T


失敗して当たり前だのクラッカー……


久しぶりに部長から喝が入りました。


あーもう、猛烈に反省。


告知の時、部長に「病気を言い訳にしたくない」とかカッコつけておいて、自分に言い訳してるし!


仕事は仕事!病気でも、みんなと同じように給料いただいてる訳ですから、緊張感持ってやらねば。



明日から気合い入れ直して頑張るぞ💪



でも今日の失敗に凹みまくって真っ直ぐ帰宅する気分でもなく、寄り道してカフェでお茶しています。



素敵な音楽が流れる居心地の良いカフェで、美味しいコーヒーとケーキ。


癒されます😌💕


つい長居して、コーヒー2杯目☕️



充電完了です。

ランマークと歯科治療とついでに江戸時代

昨日は乳腺外科の受診日でした。


年末年始、虫歯が悪化した事を先生に話すと、歯の治療が落ち着くまでランマークはお休みということになりました。


「ランマークは歯に悪さをするからねー」


今まで経験したことがないような歯の痛みと頬の腫れ。


少なからず薬の影響もあったようです。


ランマークは骨転移した病変にとても効果的な薬です。


胸骨の痛みも無くなり、腫瘍マーカーの数値も正常値まで下がって安心しておりましたが、まさかの虫歯で休薬になるとは😓


28本中(プラス親知らず1本)のたった1本調子が悪くなっただけで、眠れないし食べれないし熱は出るし……


歯の健康は大事です。実感しました。



昔々の人は虫歯になっならどうしていたんだろう?


きっと抜歯するしか方法はなかったんじゃないかな。


そもそも歯医者さんはいたのだろうか?


今みたいに甘いものを食べられるわけではないでしょうから、そんなに虫歯にはならなかったとか?


不思議に思って少し調べてみました。


やはり、昔の人も虫歯には苦しんでいたようです。


現在のように虫歯を削るような技術はなかったので、とにかく麻酔なしで抜くしかなかったようです( ̄◇ ̄;)


歯を抜く専門の人“歯抜き師” がいたそうです。


江戸時代には歯科医がいて、“口中医” などと呼ばれていました。


徳川家康が入れ歯をしていたというのは有名な話。私は知らなかったけど。


当時の入れ歯は、歯の土台(歯茎の部分?)はつげの木を削って作っていたそうです。


仏像を作る仏師が彫っていたそうで、現在の入れ歯と形もよく似ていて、その技術は世界から見ても最先端だったそうです。


当時の日本の歯科医療は仏師が支えていたという事実。


凄いね〜。日本のものづくり🇯🇵


ただし歯科医の治療が受けられるのは一部の裕福な人だけ。


庶民は、苦しい時の神頼み。お祓いや願掛けで耐えていたそうです😭



現代に生きてて良かった…………


ありがとう歯医者さん😊


✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
🦷🦷🦷🦷🦷🦷🦷🦷🦷🦷




1月9日 お支払い


ハーセプチン点滴 32,820円


いつも読んでいただき、ありがとうございます😊



にほんブログ村 病気ブログ 再発乳がんへ
にほんブログ村

歯が痛すぎて泣いた夜

バチが当たりました……


定期検診をサボったバチです。


ここ数日歯が痛すぎて、お正月どころではなかったのです。


こんなに歯が痛くて頬が腫れ上がったのは、人生初です。


何年も前に神経を抜いて治療済みの歯が年末に突然痛み出し、慌てて近所の歯科を受診したのが28日。


抗がん剤治療中もお世話になった歯科医院ですが、いつもみてくれる院長先生は年末最後の診療日ということもあり大忙し。


この日は違う先生に診てもらいました。


「あー根元に膿が溜まってるねー。痛かったねー」


レントゲンには奥歯の根元の先に黒く膿袋の影がはっきりと映っていました。


「これはもう抜かないとだめかなー」


ギクッ!


「せ、先生、私今ランマークの治療中なんです」


ランマークの治療中は抜歯などの炎症で顎の骨が壊死する、顎骨壊死のリスクが上がるのです。


「抜歯しないで治療する方法もあるから」


ホッ😌


とにかく、翌日から年明け3日まで休診ということなので、痛みを取ってもらうことにしました。


それがもう治療中から、痛いのなんの(泣)


落ち着いたら痛みがひいてくれることを願って、ジンジンしたまま帰宅しました。


乳腺外科の薬を色々飲んでいるということで、特に痛み止めや抗生物質などの薬は出ませんでした。


その日の夜は、治療してもらう前よりも痛いし少し腫れてもきたので、乳腺外科から処方されていた鎮痛剤でやり過ごしました。


次の日も痛みが落ち着くどころか更に酷くなり、夜間の口腔医療センターに駆け込みました。


そこでも根の消毒をしてもらい、仮詰はしないで解放したまま、3日分の抗生物質を処方してもらい帰宅しました。


その後も頬はどんどん腫れるし、鎮痛剤もあまり効かず、微熱が続き、首や鎖骨の辺りまで腫れて、虫歯で死ぬのかと本気で考えてしまいました。


実際、虫歯が悪化して菌が血液を汚染し、それが全身にまわって敗血症で亡くなる方もいるらしいのです。


抗生物質を飲んでちょうど3日後には、鎮痛剤の効果が続くようになり、このまま落ち着くのかと期待しましたが、飲み終わると再び鎮痛剤が効きづらくなってしまいました。



調べてみると、根管治療中にこういう症状が出ることがあるらしいのです。


フレアーアップと言うそうです。


痛くて治療してもらったのに、治療する前よりも痛くなるなんてo(`ω´ )o


でも、定期的に検診する事で回避できたでしょうから自業自得です(T ^ T)


どこかに、これ以上は医療費をかけたくないという思いが招いた結果です。


歯の痛みは人間が耐えられる限界の痛みの2位だそうです。
1位は確か狭心症の痛みだったかな?


毎日しっかり磨けていると自負しておりましたが、歯の定期検診の重要性に今更気づいたMでした。


こんなに腫れたら、抜歯しなくても顎骨壊死になるかも。


怖くて痛くて眠れない夜が続き、今日ようやく年明けはじめの診察日ということで、仕事終わりに(朝イチで受診したかったのですが、仕事始めいきなり休むわけにもいかず、マスクをして行きました💧)治療してきました。


あんなに辛かったのが嘘みたいに今ぜんぜん痛くありません。


実は昨日の夜、少しづつ血が混じった滲出液のようなものが出て、(汚い話でごめんなさい🙇‍♀️)歯茎の中の圧が下がったのか、今朝起きた時には随分と軽くなっていたのです。


ちゃんと体の免疫機能が働いて、悪いやつを体の外に追い出してくれていました。


根管治療は時間がかかるし、根だけに根気が必要ですから、しばらくは歯科への通院も頑張らねば。


歯科検診を怠ると、想像以上に痛い目を見ると実感した年末年始でした。


皆様も歯は大切に🦷

不惑

2019年1月1日


今年の目標は、“マイペースを極める”


若い頃から両親に「あなたはマイペースだ」と言われてきたけど、自分的には周りとの温度を合わせることに結構苦労していたのです。


特に若い頃は、その温度差を強く感じていました。


文化祭(何年まえの話だろう?)の時、舞台上で人気男子くんのバンドでキャーキャー言ってる友達。


好きな男の子がどうのとか、あの子とあの子が付き合ってるとか別れたとかいう会話。


OLの時、会社の飲み会で無礼講とばかり盛り上がる同僚。


そういう高めな温度が苦手でした。


それは今もあまり変わっていなくて、人付き合いは少し苦手です。


それって結局、マイペースだからってこと?


でも周りに合わせようとしていたわけですから自分のペースではないわけで、


ユアペースです(笑)


クールなキャラと言えばカッコいいですが、私の場合根暗なのでカッコ良くない(´Д` )


ひとりでいるのは楽。でもひとりぼっちは嫌。


そんな面倒くさい性格です。


私に対してのマイペースとは、のんびりだとか、おっとりしているという意味だと思いますが、本来の“自分を信じ周りに左右されない”という意味なら、私はマイペースとは程遠いです。



だから、私の目標は


本来の意味で、マイペースを極める


周りを無視するということではなくて、無理に合わせない。


自分自信がどうありたいかを優先するということ。


これって、多分今だからこそ言えること。


若い頃はとにかく周りから浮かないことがなにより大事で、興味のない話も笑って聞いて、ノリが良いと言われると嬉しくて。


他人の目に映る自分が常に明るくて良い人でありたいと思っていたから、疲れるのなんの。


大人になれば、人間関係を円滑にする為には幾らかは必要な事かもしれないけれど、私はもう卒業です。


自分らしく生きること!


って、カッコつけたけど、私らしいってどんなかな?


まだまだ迷いの残る40代……

ムニッとして欲しい

今日は4週間に一度のランマークの日。



ハーセプチンの点滴が3週間ごと。


ランマークの皮下注射が4週間ごと。



……ということは、


来月上旬にハーセプチン、ランマークを挟んで、下旬にもう一度ハーセプチン😵



どんだけ〜



でもそのおかげで、先週の採血の結果、CEA/CLIA(腫瘍マーカー)が基準値内でした\(^o^)/


肝機能も全く問題ないし、全部の数値が基準値内です。


これって普通に健康体ですけどw


それにしても、皮下注射って何であんなに痛いんだろう。


あのザワッと鳥肌が立つような独特な痛み。


いつも二の腕に打つのだけれど、お肉をムニッと摘んだまま注射する看護師さんと、針を刺すまで摘んで薬剤を入れるときは離す看護師さんがいます。


少し強めにムニッとされる方が薬剤を入れるときの痛みがいくらか紛れるような気がしますが、どちらが正解なのかは謎のままです。



私的にはムニッとしたままでお願いしたい。




今日のお支払い

15,530円 (ランマーク)

5,400円 (がん保険の証明書代)

2,780円 (1ヶ月分の薬代)

23,710円




にほんブログ村 病気ブログ 再発乳がんへ
にほんブログ村

今でしょ!

今年のクリスマスも終わりましたが、毎年恒例の大通公園ホワイトイルミネーションを見に行ってきました。




寒さでスマホが冷え過ぎて、電池の減りが尋常じゃない……


途中で何度も電源が切れてしまいましたが、両手の平で温めると復活するという謎な現象💦



光の洪水。


しばし寒さを忘れて見惚れてしまいます。


今年もカップル達に混ざって堪能いたしました😊





娘が料理教室で初めて作ったクリスマスケーキ💕




美味しかったです。


クリスマスも終わり、会社の大掃除も終わって今年も残りわずか。


各地で天災が相次ぎ、私自身も本当に色々あった年でした。


未来が不安になることもあるけれど、今はこうして元気に仕事や家事が出来ている。


友達と笑ったり、娘と喧嘩したり、カフェでお茶したり、映画を観たり、ブログを書いたり……



病気になる前と違うのはただ一つ。


お婆ちゃんになった自分が想像できないこと。


だから何年も先のことは考えない。


「今」を丁寧に生きていくのだ。

ハーセプチンと癒し系

昨日は3週間に一度のハーセプチンの点滴の日でした。


手術した側の右腕は蜂窩織炎のリスクを避けるため、血圧を測ることも注射針を刺すことも出来ません。


ですから、点滴はいつも左腕からになります。


これがどうやら看護師さん泣かせなのです。


どうやら私の血管はペターっとしていて見えづらいらしく、どこの病院でも温めたり叩いたり針を刺すまでに時間がかかるのです。


しかし、私が通う乳腺外科の看護師さんは優秀です。


今回も1発OKでした♫


そして点滴中は、時々看護師さんが「大丈夫ですかー?」とか、「お水いりますか?」とか、「血圧測りますね」とか覗きにくる以外は、本を読んだりウトウトしたりしています。


処置室の中のカーテンで仕切られただけの一角ですから、色々な話し声が聞こえてきます。


今時期はインフルエンザの予防接種を受けに来る方が多いようです。


処置中は診察中に言い忘れたことや病気の悩みなどを話す方もいます。


看護師さんは患者さんと先生との橋渡し役もしてくれます。


先生も優しい方ですが、それでも話をする時はいくらか緊張してしまって、言おうと思っていたことが全部言えなかったりします。


そんな時は看護師さんに聞いてもらうと少し安心します。


大らかで親しみやすくて、尚且つ存在自体が癒しって凄いな〜。


それから、点滴中に座るリクライニングチェアにも癒されます。


白い革張りの肌触りの良い柔らかなシートに座り、背もたれは好きな位置でリクライニング&両足はオットマンに。


膝掛けもこれまたフワフワで、いつも小説を持っていくのですが何ページも読まないうちに眠くなってしまいます。


あんな椅子が家にも欲すぃ。


それにしても、ハーセプチンは3週間ごと。ランマークは4週間ごと。


これってちょっとめんどくさい。


2つまとめて4週間ごとではダメですか?


なんて先生に聞けない小心者の私…………




今回のお支払い(ハーセプチン、採血)

35,630円



にほんブログ村 病気ブログ 再発乳がんへ
にほんブログ村